【初心者必見!読めばわかる】サブディレクトリにWordPressをインストールするがサイトURLはドメイン直下のままにする5ステップ

相談者
相談者

サブディレクトリにWordPressをインストールしたら、サイトURLが変わってしまったんだけど

まさ先生
まさ先生

サイトURLが変わっちゃうと困るよね。でもドメイン直下のままにする方法があるよ

相談者
相談者

え!?本当に!?どうやるの?

まさ先生
まさ先生

というわけで今回はサブディレクトリにWordPressをインストールするがサイトURLはドメイン直下のままにする方法をお伝えします

  • サブディレクトリにWordPressをインストールするがサイトURLはドメイン直下のままにする方法がわかる
  • サブディレクトリにWordPressをインストールするがサイトURLはドメイン直下のままにできる

サブディレクトリにWordPressをインストールする方法

サブディレクトリにWordPressをインストール方法は下記の記事を参考にしてください。

【初心者必見!読めばわかる】サブディレクトリにWordPressをインストールする方法5ステップ(Xserver編)

相談者 サブディレクトリにWordPressをインストールしたいんだけど難しそう まさ先生 手順通りやればとても簡単ですよ 相談者 え!?そうなの!?どうやるの? まさ先生 というわけ… [more]

もくじ

サイトURLはドメイン直下のままにする方法

サブディレクトリにWordPressをインストールすると、URLがサブディレクトリ名を含んだものに変更になります。例えば、ドメイン「aking.me」のドメイン直下にサブディレクトリ「wp-subdirectory」を作成してそこにWordPressをインストールした場合、トップページのURLは「aking.me/」から「aking.me/wp-subdirectory/」に変更になります。これだとURLの見かけ上、トップページなのにトップページじゃない感じがしますよね。なので、サブディレクトリを含まないURLのままトップページが表示されるように工夫します。

具体的な作業の流れは以下の通りです。

作業の流れ

  1. WordPressのサイトアドレス(URL)を変更
  2. Xserverにログインして「ファイル管理」をクリック
  3. 「public_html」内の「.htaccess」と「index.html」の名前を変更
  4. サブディレクトリ内の「index.php」と「.htaccess」を「public_html」にコピー
  5. 「public_html」にコピーされた「index.php」内のパスを編集

では個別に説明していきます。

WordPressのサイトアドレス(URL)を変更

WordPressにログインし「ダッシュボード>設定>一般」の順番に進んで、一般設定の中から「サイトアドレス(URL)」を見つけてください。「サイトアドレス(URL)」に追加されているサブディレクトリを削除して、一般設定の一番下に表示されている「変更を保存」をクリックします。

私の例で説明します。私のドメイン「aking.me」にサブディレクトリ「wp-subdirectory」を作成し、そこにWordPressをインストールしました。この場合、サイトアドレス(URL)は「aking.me/wp-subdirectory/」となります。このURLの「wp-subdirectory/」の部分を削除して「変更を保存」をクリックします。

これでWordPressでの作業は完了です。

以下はXserverでの作業に移ります。

Xserverにログインして「ファイル管理」をクリック

Xserverにログインして「ファイル管理」をクリックします。

そうすると、サーバーに保存されているブログページやメールフォルダの一覧が表示されます。

ドメイン直下(public_html)にサブディレクトリ(私の場合はwp-subdirectory)が作成されていて、その中にWordPressがインストールされているのがわかりますね。

それでは作業していきましょう。

「public_html」内の「.htaccess」と「index.html」の名前を変更

「public_html」内の「.htaccess」と「index.html」の名前を変更します。まずは「.htaccess」を選択して上にあるメニューバーの「名前変更」をクリックします。

デフォルトのファイルなので、「.default-htaccess」に変えて「変更」をクリックします。

そうすると名前が変更されます。

「index.html」も同様の作業をして「default-index.html」に名前を変更します。

サブディレクトリ内の「index.php」と「.htaccess」を「public_html」にコピー

サブディレクトリ内の「index.php」と「.htaccess」を「public_html」にコピーします。まずは「index.php」から作業します。

左のサイドバーにあるサブディレクトリ名(私の場合はwp-subdirectory)をクリックして、サブディレクトリの中身を表示させます。表示された中から「index.php」を探してクリックし、上のメニューバーの「コピー」をクリックします。

「index.php」のコピー先を変更したいので「コピー先を変更」をクリックします。

ディレクトリ一覧から「public_html」を選択して「変更」をクリックします。

「.htaccess」も同様に「public_html」にコピーします。

「public_html」にコピーされた「index.php」内のパスを編集

「public_html」にコピーされた「index.php」を編集します。「index.php」を選択して上のメニューバーの「編集」をクリックします。

一番最後の行の「require_DIR_.’/wp-blog-header.php’;」のパスを、サブディレクトリを含むものに変更します。

「/wp-blog-header.php」の前にサブディレクトリ名(私の場合はwp-subdirectory)追加して更新」をクリックします。私の場合は「require_DIR_.’/wp-subdirectory/wp-blog-header.php’;」となりました。

以上でサーバー上での作業は完了です。

これでドメインのトップページが表示されるようになります。

まとめ

サーバーの内容を変更しないといけないので、やや専門的な作業に感じるかもしれませんが、手順通りに行えば、問題ありません。サブディレクトリにWordPressをインストールするとセキュリティ上有利になります。なので、サブディレクトリにWordPressをインストールしてから、この記事を見ながら、サイトURLはドメイン直下のままにする方法を実行してみてくださいね。