【トーン(tones, 声調)】について(単語構造シリーズ)

相談者

中国語の単語構造の大枠は理解したけど、それぞれの要素について知りたいなぁ

トーン(tones, 声調)について知りたいんだけど

まさ
masa

今回はトーン(tones, 声調)についてお伝えします

  • トーン(tones, 声調)がわかる
  • トーン(tones, 声調)の発音練習ができる

単語構造の基本が知りたい方へ

この記事は、単語構造の各要素「頭文字(声母)・語尾(韻母)・トーン(声調)」の説明です。単語構造そのものが知りたい方や曖昧な方は、先に下記の記事を見てみてください。

中国語・華語の【単語構造】について(単語構造シリーズ)

中国語の単語構造ってちょっと複雑そう masa 単語構造が日本語と違うから難しく感じるかもしれませんが、基本がわかれば簡単ですよ え!?そうなの!?基本が知りたい! masa 今回は中… [more]

説明は理解のしやすさ優先

私は台湾の語学センターで中国語学習を開始しました。最初のうちは英語で授業を受けたので、発音の専門用語も英語で覚えました。帰国後、それら専門用語の日本語訳を調べましたが、正直、英語の方が直感的で理解しやすいです。なので、理解のしやすさを優先し、専門用語は英語を直訳した日本語でお伝えしていきます。同時に、これから教科書等を見る時に困らないよう、日本で共通に使われている用語も添えておきますので、心配しないでくださいね。

もくじ

トーン(tones, 声調)とは

トーン(tones, 声調)についてお伝えしていきます。

トーン(tones, 声調)って何?

トーン(tones, 声調)は日本語にありません。日本人が一番勉強する外国語である英語にもないので、初学者にとっては本当に馴染みがないものですよね。なので、最初にどのようなものか軽くお伝えしてから、詳しい説明をしていこうと思います。

トーン(tones, 声調)は歌みたいなもの

中国語を聞いたことのある方はわかると思うのですが、中国語って「歌」みたいに音階を付けて発音してませんか?その音の高低がまさにトーン(tones, 声調)です。私は中国語学習を始める前「中国語を話している人たちは歌っているみたいだ」と感じていました。それぐらい、音階の起伏を伴って発音するのが中国語なのです。

トーン(tones, 声調)は中国語にとって重要なもの

この日本語にないトーン(tones, 声調)、中国語にとっては本当に重要なものです。トーン(tones, 声調)が正確でないと、たとえ音が合っていても別の単語を発音していることになってしまいます

では、トーン(tones, 声調)について詳しくお伝えしていきます。

トーン(tones, 声調)の基本

まずは単語構造上のトーン(tones, 声調)とは何だったのか、軽くおさらいします。

トーン(tones, 声調)とは

言語において意味の区別に用いる音の高低のパターン。中国語の声調符号は「-, /, v, \」の4種類があり、語尾(finals, 韻母)の主母音の上に表記する。

もっと簡単に言うと、音の高低のことです。

トーン(tones, 声調)の種類

音の高低のことをトーン(tones, 声調)と言いますが、中国語には4種類のトーン(tones, 声調)があります。

トーン(tones, 声調)の種類

  • 第1トーン(第一声):高音のままキープする
  • 第2トーン(第二声):中音から高音へ上げる
  • 第3トーン(第三声):半低音から低音へ下げる(1文字or文末時は、半低音から低音へ下げ最後に半高音まで上げる)
  • 第4トーン(第四声):高音から低音へ下げる

第1トーン(第一声)は、高音のままキープします。トーンの中では一番簡単かもしれません。

第2トーン(第二声)は、中音から高音へ上げます。さざえさんのマスオさんの返事に近いです。

第3トーン(第三声)は、半低音から低音へ下げます。また、1文字or文末の時は半低音から低音へ下げ最後に半高音まで上げます。

第4トーン(第四声)は、高音から低音へ下げます。日本語の「はい!」に近いです。

先にもお伝えしましたがトーン(tones, 声調)は日本語にはないので、最初は取っ付きにくいかもしれません。私も学習を始めた頃とても苦労しましたし、語学センターの日本人の同級生たちも苦労してました。でも、練習を重ねることで必ず正しいトーン(tones, 声調)を付けて発音できるようになりますので、とにかく練習してください。

トーン符号(tone marks, 声調符号)の書き方

音の高低であるトーンを表記する符号をトーン符号(tone marks, 声調符号)と言います。

トーン符号(tone marks, 声調符号)を表記する場所は、定位置があるわけではなく、原則としてその音節の中で最も口を大きく開く(語尾の)主母音の上に表記します。先ほどお伝えした語尾(finals, 韻母)の図表は「口の開き具合」で並べていましたよね。ですから、トーン符号(tone marks, 声調符号)をつける順番は「高← a, o, e, i, u, ü →低」です。

その他にも表記方法に決まりがあるので、表記方法のルールを覚えましょう。

トーン符号(tone marks, 声調符号)の書き方のルールは以下の通りです。

トーン符号(tone marks, 声調符号)の書き方のルール

  1. トーン符号(tone marks, 声調符号)の優先順位は「高← a, o, e, i, u, ü →低」の順番。
  2. 語尾(finals, 韻母)の主母音が1つだったら、その母音に書く(例)mā、qù
  3. 母音が2つ以上あったら以下の順番で書く
    1. 「a」があれば必ずその上に書く(例)jiā、zhǎo
    2. 「a」がなければ「o」か「e」の上に書く(例)dōu、shuō、jiě、xué
      ※「o」と「e」が一緒に出てくる音節は無い
    3. 「i」と「u」が並んだら後ろ側の上に書く(「iu」なら「u」、「ui」なら「i」)(例)jiǔ、qiú、suì、zuì
  4. 「i」にトーン符号(tone marks, 声調符号)を書く時は「i」の点(・)を取って書く。(例)nǐ、jī

トーン符号(tone marks, 声調符号)の書き方のルールの中で、一番ややこしいのは(3)の「主母音が2つ以上ある場合」ですね。この語尾(finals, 韻母)の母音が複数ある場合、どちらの上に声調符号を書いたらいいのか慣れないうちは迷います。なので、もう少し一緒に練習してみましょう。

例えば「先」にトーン符号(tone marks, 声調符号)を書くとします。“先“の綴りは「xian」で、第1トーン(-)です。語尾(韻母)の主母音は「ia」ですが、優先度最上位の「a」があるので「a」の上に第1トーンの記号「-」を書きます。ですから、「先」は「xiān」とトーン符号(tone marks, 声調符号)を書きます。

さらに、もう1つ練習してしましょう「月」にトーン符号(tone marks, 声調符号)を書くとします。「月」の綴りは「yue」で、第4トーン(\)です。語尾(韻母)の主母音は「ue」ですが、uとeでは「e」の方が優先度上位です。なので、「e」の上に第4トーンの記号「\」を書きます。ですから、「月」は「yuè」とトーン符号(tone marks, 声調符号)を書きます。

トーン(tones, 声調)を用いる言語をトーン言語(声調言語)と言います。日本語はアクセントの強弱で発音する言語で、トーンはありません。ですから、中国語の初学者はとにかく練習して慣れていきましょう。
ちなみに、中国語にはトーンが4つ、ベトナム語に至ってはトーンが6つあります。

まとめ

トーン(tones, 声調)の種類や書き方が理解できたら、後はとにかく練習あるのみです。練習を重ねれば必ず発音や表記できるようになりますので、諦めずに頑張ってくださいね。