【語尾(finals, 韻母)】について(単語構造シリーズ)

相談者

中国語の単語構造の大枠は理解したけど、それぞれの要素について知りたいなぁ

語尾(finals, 韻母)について知りたいんだけど

まさ
masa

今回は語尾(finals, 韻母)についてお伝えします

  • 語尾(finals, 韻母)がわかる
  • 語尾(finals, 韻母)の発音練習ができる

単語構造の基本が知りたい方へ

この記事は、単語構造の各要素「頭文字(声母)・語尾(韻母)・トーン(声調)」の説明です。単語構造そのものが知りたい方や曖昧な方は、先に下記の記事を見てみてください。

中国語・華語の【単語構造】について(単語構造シリーズ)

中国語の単語構造ってちょっと複雑そう masa 単語構造が日本語と違うから難しく感じるかもしれませんが、基本がわかれば簡単ですよ え!?そうなの!?基本が知りたい! masa 今回は中… [more]

説明は理解のしやすさ優先

私は台湾の語学センターで中国語学習を開始しました。最初のうちは英語で授業を受けたので、発音の専門用語も英語で覚えました。帰国後、それら専門用語の日本語訳を調べましたが、正直、英語の方が直感的で理解しやすいです。なので、理解のしやすさを優先し、専門用語は英語を直訳した日本語でお伝えしていきます。同時に、これから教科書等を見る時に困らないよう、日本で共通に使われている用語も添えておきますので、心配しないでくださいね。

もくじ

語尾(finals, 韻母)とは

それでは、語尾(finals, 韻母)についてお伝えしていきます。

語尾(finals, 韻母)の基本

まずは単語構造上の語尾(finals, 韻母)とは何だったのか、軽くおさらいします。

語尾(finals, 韻母)とは

中国語の音韻学で、先頭の音(頭子音)以外の部分のこと。主母音前にくる半母音・中間母音(介音)、主母音、最終母音or子音(尾音)の組み合わせ。

もっと簡単に言うと、単語の頭文字(声母)を除いた残りの部分のことです。

語尾(finals, 韻母)の種類

語尾(finals, 韻母)の種類について説明していきます。

まずは語尾(韻母)の簡単なまとめをお伝えし、その後で細かい説明をしていきます。

語尾(finals, 韻母)の種類のまとめ

  • 語尾(finals, 韻母)の基本は「a, o, e, i, u, ü」の6つ
  • 「半母音・中間母音(介音) + 主母音 + 最終母音or子音(尾音)」の組み合わせによって、多種の語尾(韻母)が存在

基本的な語尾(finals, 韻母)は「a, o, e, i, u, ü」の6つです。さらに、半母音・中間母音(介音)、主母音、最終母音or子音(尾音)の組み合わせによって、たくさんの語尾(finals, 韻母)があります

介音は「 i, u, ü」を発音する時にそれぞれの前に弱く発音される「y(i), w(u), y(ü)」のことです。

下記は語尾(韻母)をまとめた図表です。

語尾(finals, 韻母)図表

表の見方は以下の通りです。

  • 横列:語尾(finals, 韻母)発音時の開口具合
  • 縦列:同じ母音を最初に発音する仲間
  • 複母音:母音を複数重ねた音
  • 鼻音:鼻から空気を逃しながら発音する音

単母音発音時の開口具合とトーン符号(声調記号)の関係

語尾(finals, 韻母)図表の一番上に、単母音発音時の「口の形・口の大きさ」を描いたのには理由があります。トーン符号(声調記号)を表記する時、「単母音発音時の開口具合」が重要になってくるからです。ですから、必ず覚えてください。

単母音発音時の開口具合

開← a, o, e, i, u, ü →閉

「a」は一番口を開いて発音する音です。日本語の「あ」よりも口を開いて発音するイメージです。

「e」を発音する時の口の開き具合が「自然な状態」とされています。いわゆるニュートラルな状態です。口にチカラを入れずそのまま発音します。日本語の「あ」と「え」の中間みたいな音です。

「e」それとは対照的に「ü」は唇をやや閉じ、さらに唇にチカラを入れて発音します。コツとしては「下唇と顎に力を入れる」感じです。

日本人にとって発音が難しい音は「e, ü」です。なぜならば、日本語にはない音だからです。
「u, o」も日本人が発音を注意しなければならない音です。日本語の「う、お」とは違うのですが、日本人は「う、お」で発音してしまいがちです。

ここまでで、語尾(finals, 韻母)について基本的なことは全てお伝えしました。

次の章では、さらに母音図表を利用して語尾(韻母)の発音を詳細に説明します。専門的な内容になるので、気になる方だけ見てみてください。

母音図表から見る語尾(韻母)の発音方法

母音図表の利用

言語学者は、それぞれの言語についての発音方法を図表で説明してきました。中国語も同様で、中国語の語尾(finals, 韻母)の発音方法を説明した図表が存在しています。

ここからは、その中国語の母音図表を見ながら、語尾(韻母)発音について細かく見ていきましょう。

中国語の母音図表について

中国語の母音図または中国語の母音図表は、中国語母音の略図であり、通常は標準中国語を指します。最も古い中国語の母音図は、1920年に中国人の言語学者、易作霖(Yì Zuòlín)によって公開されました。三年後、ダニエル・ジョーンズ(Daniel Jones)が1917年に有名な「基本母音図(cardinal vowel diagram)」を出版しました。易作霖はこれらの図を「單(単)韻/複韻構成図表」と呼んでいます。中国の単母音と二母音を示す図です。

台形の英語の母音図とは異なり、中国語の母音図は三角形です。

単母音の図表

單韻構成圖

この図で使われている発音記号は「注音記号」、「注音符號」または単に 「Bopomofo」として知られています。

この図には、6つの母音または単韻が描かれています。それらは以下です。

  • ㄧ (IPA [i]), as in ㄧˋ (易yì)
  • ㄨ (IPA [u]), as in ㄨˋ (霧wù)
  • ㄦ (IPA [ɚ]), as in ㄦˋ (二èr)
  • ㄛ (IPA [o]), as in ㄆㄛˋ (破pò, 破れる)
  • ㄜ (IPA [ɤ]), as in ㄜˋ (餓è, お腹が空いている)
  • ㄚ (IPA [a]), as in ㄆㄚˋ (怕pà, 恐ろしい)

この図では、母音の高さ(閉、半閉、半開、開)の4段階、母音の背面(前面、中央、方面)の3段階、母音の丸み(広がり、自然、丸)の3段階、を利用していることに注意してください。 ㄦ(er)の配置には疑問があるかもしれませんが、他のすべての母音は、あるべき位置にあると一般的に言われています。

複母音の図表

ここからは複母音について説明してきます。

(※注)図の見方:単母音と同じ三角形の母音図表が二重母音(複合韻または複韻)を表すためにも使用され、各二重母音の開始位置と終了位置を示す矢印が付いています。

下降二重母音の図表

下降複韻構成圖

下降二重母音は、より目立つ (より高いピッチまたは音量) 母音の質で始まり、より目立たない半母音で終わります。

この図には、6つの下降二重母音が示されています。それらは以下です。

  • ㄩ (IPA [y]), as in ㄩˋ (玉yù)
  • ㄝ (IPA [e̞]), as in ㄧㄝˋ (夜yè)
  • ㄟ (IPA [ei̯]), as in ㄌㄟˋ (累lèi, 疲れている)
  • ㄡ (IPA [oʊ̯]), as in ㄉㄡˋ (豆dòu)
  • ㄞ (IPA [ai̯]), as in ㄉㄞˋ (帶dài)
  • ㄠ (IPA [ɑʊ̯]), as in ㄉㄠˋ (道dào)

この図表に明らかな単母音の“ㄩ(y)“と“ㄝ(e̞)”が含まれている理由は、純粋に音韻論的かつ歴史的である。たとえそうであっても、それらの母音は、次の図にあるものと同等の「上昇二重母音」と見なされるべきです。

上昇二重母音の図表

上昇複韻構成圖

上昇二重母音は、あまり目立たない半母音で始まり、より目立つ全母音で終わります。

この図は、4つの上昇二重母音を示しています。以下の通りです。

  • ㄧㄛ (IPA [i̯o]), as in ㄧㄛˋ (唷yō, 間投詞「よ〜」)
  • ㄨㄛ (IPA [u̯o]), as in ㄨㄛˋ (臥wò, 嘘をつく)
  • ㄧㄚ (IPA [i̯a]), as in ㄧㄚˋ (亞yà)
  • ㄨㄚ (IPA [u̯a]), as in ㄨㄚˋ (襪wà, 靴下)

標準中国語の母音記号の変遷

北京語の母音の正確な数は、音韻論や方法論によって異なる場合があります。北京語(普通話)の文字変換の主なシステムは次のとおりです。

YearSystem[ ͡ɨ][ ͡ɯ][a][o][ɤ][ɛ][i][u][y][ɚ]Count
1888Palladius systemиыаоэеиуюйэр10
1892Wade–Gilesihûaoêeiuüêrh10
1918Zhuyin fuhao9
1928Gwoyeu Romatzyhyyaoeèiuiuel9
1958Hanyu Pinyin-i-iaoeêiuüer9

舌尖・舌歯・そり舌の摩擦音/破擦音の後に表示される「尖端母音」は、多くの場合、中国学者によって [ɿ] と [ʅ] として表されます。これらの 2 つの IPA 記号は、現在、国際音声アルファベットでは廃止され、非標準記号と見なされています。

まとめ

語尾(finals, 韻母)の種類が理解できたら、後はとにかく発音練習あるのみです。練習を重ねれば発音は必ずできるようになりますので、諦めずに頑張ってくださいね。